バーベキュー|無料ゴルフ練習|季節の野菜・果物

  • ホーム
  • レンタルスペース
    カラオケ
  • 民泊
  • カフェ&ギャラリー
  • バーベキュー
    ゴルフ練習
  • お問い合わせ

まいすたのバーベキュー施設の画像

<BBQご案内>


まいすたのBBQ施設は雨でもできる全天候型!!
屋内と屋外の両方の施設がご利用になれます。
料金 基本使用料5,000円
(ごみ処理、炭、着火剤を含む)
お一人様
 大人  500円
 小学生 300円
 (小学生未満無料)
<例>大人10人の場合
基本料金5,000円+500円✕10人=10,000円
 1人当たり1,000円
※利用時間は3時間が目安です。
※延長は1時間1,000円です。
主な施設 屋内BBQ施設/屋外BBQ施設/
炊事場/BBQ台/かまど・ピザ釜/
テーブル/大型BBQコンロ/日傘
イス/水洗トイレ/テント
主な備品 包丁/まな板/ダッチオーブン/ザル/トレー/
トング/キッチン鋏/炭/着火剤
※生ビールサーバーレンタル 1,000円
その他 ・食材、調味料、皿、箸、コップはご持参ください
・ゴミの分別はお客様にてお願いします。
・ご予約、ご不明な点はお電話ください。
最寄りの買出店 ・コンビニ:ファミリーマート 徒歩1分
・スーパー:おどや北条店(酒と食材)徒歩5分
・酒、食材:業務スーパー館山店 徒歩9分
・ホームセンター:カインズホーム 徒歩14分

屋外BBQエリア

まいすたバーベキューエリアの画像

日傘付きのウッドデッキ

BBQ用ウッドデッキの画像

シンク・調理台完備

BBQエリアの画像

ピザ窯・ダッチオーブン

ピザ窯とダッチオーブンの画像

大人数でも大丈夫。大型BBQコンロ

BBQエリアの画像

雨でもOK! 屋内BBQ場

雨天バーベキュー場の画像

テーブル・換気扇付きコンロ

BBQ小屋画像

調理台とシンク

BBQ小屋内部の画像

<宿泊+BBQプラン>


宿泊とBBQが両方楽しめる大変お得なプランです。

BBQのやりかた等やさしく指導する担当者が居ります。
何なりとご相談ください。
※1日1家族限定
料金 宿泊込み お一人様
 大人  5,000円
 小学生 4,000円
 (小学生未満無料)
時間 チェックイン  15:00
チェックアウト 10:00
※飲み物、食材は持ち込みです。

<無料ゴルフ練習>

ゴルフ練習の画像
●ゴルフは無料打ち放題!!
●ダンロップ製品の販売
 カタログで選んでいただき注文できます。
※なお、安全上オーナー不在の場合、練習はご遠慮ください。

<季節の野菜・果樹・花>

四季折々の花や野菜を楽しみながら自然のなかで癒やしの時間をお過ごしください。

グレープフルーツ


グレープフルーツの木の画像

11月

温州みかんがたわわに実っています。
温州みかんの画像

12月

玉ねぎ、ブロッコリー、大根
玉ねぎ、キャベツの画像

1月

晴れた冬の日には「切り干し大根」づくり
玉ねぎ、キャベツの画像

2月

蕗の薹、水仙、幸来花(こうらいか)、パンジー
蕗、水仙、パンジー、幸来花の画像

3月

梅、クリスマスローズ(白)、クリスマスローズ(ピンク)、ヒヤシンス
梅、クリスマスローズ、クリスマスローズ(ピンク)、ヒヤシンスの画像

4月

空豆の花が咲きました
空豆の花の画像

5月

玉ねぎがたくさん収穫できました。
枝垂桜の画像

6月

紫陽花の花(6月下旬までが見頃です)
紫陽花の画像

7月

深紅のカンナの花
カンナの花の画像

8月

ゴーヤの実が成りました
紫陽花の画像

9月

コスモスが咲き始めました
カンナの花の画像

<庚申塔(こうしんとう) 江戸期作>

江戸時代を感じる心礼スポット

「豊穣な御身の御影心してこれより先ぞ隗より磨け」
ご自由に散策してください。

庚申講(こうしんこう)とは、人間の体内に居るという三尸(さんし)の虫が、寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くのを防ぐため、庚申(かのえさる)の日に夜通し眠らないで帝釈天や猿田彦や青面金剛を祀ってお籠りをする風習である。三尸とは、道教に由来するとされる人間の体内に居る虫。三虫(さんちゅう)ともいう。
上尸・中尸・下尸の三種類で、上尸の虫は道士の姿、中尸の虫は獣の姿、下尸の虫は牛の頭に人の足の姿をしている。大きさはどれも二寸である。また、人間が生まれ落ちるときから体内に居るとされる。庚申の日に眠ると体から抜け出し、天帝にその悪事を告げ、その人間の命を縮めるとされることから、庚申の夜は眠らずに過ごすようになった。独りでは夜を過ごすことが難しいことから、地域で庚申講という集まりをつくり、宿を決めて庚申待ちが行われ、時を重ねると庚申塔という碑が立てられた。
北町の庚申塔の台石には北篠村若者中と記され、邪鬼を踏みつけ足元に鶏を従えた青面金剛像の下には見猿、聞か猿、言わ猿が刻まれている(江戸期の作と思われる)この地域では、故事に倣い「人の悪口は言わない」「噂話をしない」という慣わしが守られ、この日は現在でも、北町の有志により宿の家に青面金剛像の掛け軸を掛け、庚申講が続いている。
 平成二十二年 庚寅三月庚申 伊介 春男 記
敷地内の庚申塔
まいすたの庚申塔の画像
江戸時代の庚申塔の掛軸
江戸時代の庚申塔の掛軸の画像